PCとPC周辺機器 - 百花繚乱 - USB接続小物アーカイブ

USB接続小物の最近のブログ記事

これまでノートPCのXPS1645のBluetoothはPLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZというのを使っていました。1500円くらいですが小さくて出っ張りも気にならず便利です。

PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

しかしながら、ただでさえ少ないUSBポート1つに常時差し込んでおくというのが納得いかず純正の内蔵カードが手に入らないかとYahooオークションを見てみるとなんとDELL用純正のBluetoothカードがありました。即落で1500円くらい...翌日には届きました。

早速取り付けましたが、小さな小さな同軸コネクタがなかなかハマらず焦ってしまいました。同梱されていたネジ1本を使い取付完了。

あとはDELLサイトからドライバをD/Lして完了です。これでUSBポートが一つ解放されました。

XPS1645の隣りでDELLの別のノートPC、XPSのL502Xも動いています。これは最初からBluetoothカード入りで、マウスもBluetoothなのですが、これら2台を同時に使っていると、必ずXPS1645のマウスが止まります。やはり2.4GHz同士の干渉なのでしょうか。

まずはXPS1645がSSDに次いでまた便利になりました。

パソコンを買って、すぐに或いはしばらくしてもっと大きな容量のHDDに交換したい、外したHDDをフォーマットしたい...といった余ったHDDの有効な手段は、ケースに入れてUSBでつないで...というのが一般的ではないかと思います。

ただ1個のHDDに1ケース、おまけにネジで固定したり結構面倒だと思っていました。で、Amazonを何気なく見ていたらサンワサプライから下の写真のもの(SANWA SUPPLY TK-CR1EUS クレイドル式HDDリーダ/ライタ(USB+eSATA接続用))を発見。HDDをそのまま突き挿しているだけです。ちょっと感動ものでした。

HDD-ADP-01.jpg

実際に使い始めましたが便利です。用途は、

  • フォーマット
  • データの有無や中身を確認
  • バックアップ用

などです。都度抜いて入れ替えるだけです。SATAコネクタといわれるHDD独特の接続部分があるのですが、ぴったりと合うように挿入部が作られていて、かつ抜き出すときは手前のレバーを下におろしてコネクタを外すという仕組みになっています。

正面のインジケータは通電中は青色LEDが点灯、アクセス時は隣のオレンジのLEDが点灯します。大きくて分かりやすいサイズのLEDです。

HDD-ADP-02.jpg

またそのまま裸の状態ですのでHDDのメーカや容量などが一目瞭然だということも実は助かります。

さらに便利なのは3.5インチだけでなく2.5インチにも対応していること。最近のノートパソコンはHDDも交換しやすいので、やはりたまってきてしまいます。いくつも使わないHDDが積まれてしまうわけですが、1つに1個のケースではなく、ケース1個あればHDDがいくつあっても用が足りる、というのが何より有り難く感じています。

HDD-ADP-03.jpg

難をいえば、SATAコネクタはいつか壊れるか接触不良を起こすか、という点と、意外と熱くなるHDDなので、風通しの良いところで使わないとHDDの寿命が極端に短くなったり故障する可能性がある、そしてACアダプタが必要なことでしょうか。USB接続だけでなくeSATA対応版もある模様です。それでも久しぶりに有り難いものを発見しました。お薦めです。