PCとPC周辺機器 - 百花繚乱 - OSアーカイブ

OSの最近のブログ記事

自作PCもハード面ではおおむね動いているようですが、仕事で使うには大事なものが足りません。それはOSです。これまで使っていたDELL T3500で、すでにWindows10 Pro 64bitでほぼ快適に動いていましたので、今回の初自作PCも同じWindows10 Pro 64bitで使うことにします。

しかし手元にWindows10のインストールディスクなどは持っていませんので、DELL純正Windows7 Pro 64bit SP1ディスクを使ってWindows7をインストールして、そこからWindows10へバージョンアップという2段階長時間手間ひまインストールを考えていました。

ところが、ごく最近のWindows10のメジャーアップデートで、Windows10のインストール中にWindows7の認証キーを入力することで正式にインストールできるという記事を読みました。色々調べていると、さらにWindows10のインストール用DVDがMicrosoftのサイトが提供するツールで作ることができるということを知りました。

さっそくノートPCで取り掛かりました。

  1. まずはツールを提供しているMicrosoft社のページへ行きます。下記ページが現れるので、そこでページ下部の「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。
  2. Windows10メディア作成ツールのページ
  3. ダウンロードしたファイルをクリックすると次の画面が現れます。あとは順次表示される手順に沿って進むのみです。
  4. Windows10メディア作成ツール画面01
  5. インストールメディアはディスク派の人は途中でUSBフラッシュドライブ、またはISOファイル、の選択肢が出てきますが、ISOファイルを選択します。
  6. Windows10メディア作成ツール画面03
  7. そして最後に下記画面が表示されますので、DVDドライブがある人は「DVD書き込み用ドライブを開く」を選択して完了をクリックします。
  8. Windows10メディア作成ツール画面07

以上でWindows10のインストールDVDが出来上がりました。なお、Windows.isoというファイルがドキュメントフォルダなどに作られています。

上記のDVDを自作PCの電源をONしてDVDドライブに入れます。すぐに認証キーの入力を求められますので、それまで使っていたDELL T3500の天板に貼ってあるWindows7 Proの認証キーを入力しました。あとは表示される手順に沿って進むとWindows10 Professional 64bitマシンが出来上がります。