PCとPC周辺機器 - 百花繚乱 - クーラーアーカイブ

クーラーの最近のブログ記事

冷却用ファン

風が弱いな。自作PCの背面に手を当てた時の感想です。CPUなどの温度とともに回転数が上がり風量が増えることはわかっているのですが、ただでさえ静粛性に優れたケースということもあり、本当に冷やしているのか心配になってしまいます。

自作PCもすでに実務で使い始めていますが、まだ何か秘めたる力を持っているのではと、暇さえあればカバーを開けてのぞき込んだり、マニュアルや付属のソフトを起動したりしていますが、どうも正面パネルの上側にファンがついていて、下側は内部が見えるメッシュという構成が気になります。鼻から息を吸いながら口から息を吐きだしているような、難しいことをしている感じです。

Fractal Design GP-14 140mm径ファン

ということで、正面パネルについているのと同じFractal Design GP-14 White 140mm 冷却用ファン を購入しました。取り付けはいたって簡単で、ネジを4本留めて、ファンから出ているケーブルをマザーボードの空いているファンコネクタに差し込むだけです。

これだけで何も設定しなくてもBIOS画面にはファンの回転数が表示されました。

冷却用だけでなく換気用など色々なところでファンが使われていますが、風量と静圧という2つの要素があります。静圧というのは風を吸い込む力とイメージすれば良いかもしれません。

例えるなら、台所の換気扇で木造一戸建てならば、建物の気密性が高くないため、風量重視の扇風機のような羽が回るタイプを設置し、一方鉄筋コンクリートのマンションなどは建物の気密性が非常に高いためシロッコファン(遠心ファン)といわれる静圧が高いものを設置する、ということです。

白い羽が回るのを見ながら、ふと実験室で使わなくなったファンを扇風機代わりに使っていたことを思い出しました。

メッシュ越しにみえる白い羽のファン
撮影用LED照明 Aputure HR672S

ザラザラとした猫の舌のような手触りでした。

マザーボードASUS X99-M WS/SEのCPUソケットの最初の感触です。上の写真は日夜パソコン作業を照らしてくれている撮影用LEDライトですので、CPUやソケットとは関係ありません。

ASUSマザーボードX99-M WS/SEのLGA2011-v3対応CPUソケット

そこへ取り付けるCPUのピン側です。取り付けるCPUはIntel CPU Xeon E5-2630V3です。8コア16スレッド2.40GHz(Turbo時3.20GHz)20Mキャッシュ...どのくらい凄いか、よくわかりません。CPUの新品を肉眼で見たのも初めてです。

CPUのソケット面 Intel CPU Xeon E5-2630V3トップ

さらにCPUを冷却するクーラーと言われているものです。ヒートパイプがなぜかカッコいいと感じてしまいました。今回使ったのはCoolerMaster製のHyper 212X(RR-212X-20PM-J1) というモデルです。違うサイズのソケットにも対応するための金具も同梱されています。

CPU冷却用クーラーCoolerMaster Hyper 212X(RR-212X-20PM-J1) CPUクーラー

いよいよCPUをソケットに取り付けです。CPUの取り付け向きを確認して、黒いプラスチックの板がついたまま固定金具を倒していきます。黒い板はそのとき勝手に外れます。続いてCPUの放熱面とクーラーの取り付け面の小さな隙間を埋めるグリスを薄く薄く塗って、そこへCPUクーラーをスプリングの入ったネジで固定しました。スプリングにまだまだ遊びがありますが、きっちりと固定されています。

グリス(AINEX シルバーグリス)を塗ったCPU CPUにクーラーを取り付けたところ

最後にクーラー用のファンを取り付けて完了しました。

CPUクーラーにファンを取り付け

今回はグリスにはクーラーに付属していたものを使わず、AINEX シルバーグリスAS05というものを使いました。

CPU用熱伝導グリス

高価な部品を取り付けると、とても神経を使って疲れます。もう少し通電は先です。