PCとPC周辺機器 - 百花繚乱 - 単位アーカイブ

単位の最近のブログ記事

GiBとGB?

| コメント(0) | トラックバック(0)

パソコンパーツのHDDやSSDの規格を調べているうちに、GiBという単位に気づきました。また時々使うCrystalDiskMarkを5.1.0x64にバージョンアップしたら、そこにもGiBという単位が使われていました。さて、何のことなのか、少しだけ調べました。

CDM-sample.jpg

結論から言うと、デジタル回路ではお馴染みの2進数と、いわゆる身近で普通に使う10進数で、大きな数字になると単位にkやM、G、Tなどの接頭語を付けますが、この接頭語が大きくなるにつれ二つの実際の数値の誤差が広がり、誤解を招かないように新たに単位を作ったのがGiBです。読みは「ギビバイト」です。

お金の世界では1000円を1k円、100万円を1M円などと言います。周波数は1000kHzを1MHzと言い、1000MHzを1GHzと言います。kはキロで1000倍つまり10の3乗を意味し、Mはメガで100万倍つまり10の6乗を意味し、さらにGはギガで10の9乗を意味します。

これは多くの場で使われる世界共通の単位の一例でSI系と言わています。距離のmや重さのgなどにもkmやkgがありますが同様です。

ところが2進数でやり取りをするデジタルの世界では、実際には1kBは1Bの「2の10乗」つまり1024倍となり、「10の3乗」の1000倍とは少し異なる数値になります。誤差でいうと2の10乗は10の3乗より2.4%増という結果になります。

kで2.4%の誤差ですが、Mになると10の6乗と2の20乗で誤差は約4.86%、さらにGでは10の9乗と2の30乗で誤差は約7.37%、さらにTでは10の12乗と2の40乗で誤差は約9.95%にもなります。

HDDやSSDのパッケージに、実際には容量は少なくなります、という但し書きの理由の一つはこれです。

GiBとGB

ただし、GiBなどが国際的に認められてからも浸透することがなく、現在でもGBが主流です。ちなみに読みをもう一度書くとMiBはメビバイト、GiBはギビバイト、TiBはテビバイトとなります。

全く話は逸れますが、自作PCにトライいますが、当初の選択肢にDELLのモデル(Precision)もあったのですが、20%OFFの「法人様向け製品限定クーポン」が出ています。

どうもパソコンの壊れるタイミングと買うタイミングがずれている自分が哀れです。