PCとPC周辺機器 - 百花繚乱 - メモリアーカイブ

メモリの最近のブログ記事

Samsung SSD 1TB 850 EVO 2.5インチ 内蔵型の速度計測結果

サムソンにもてあそばれているような、あるいはCrystalDiskMarkが壊れたような、そんな数字に再び唖然としてしまいました。

サムソンの公式サイトを眺めていると、

「あなたのSSDを2倍高速化する、「RAPIDモード」が機能拡張:Samsung Magician Softwareによってサポートされる超高速化機能RAPIDモードは、パソコン内メインメモリの空き容量をキャッシュとして利用することで、ストレージ性能を大幅に向上。パソコン内のメインメモリの最大25 %まで*1をキャッシュとして利用でき、SSD 850 EVO mSATA / M.2の性能を約2倍*2に向上させることが可能です。」

という文章が目に留まりました。気になってしまい、Amazonでたまたまセール中だったSamsung SSD 1TB 850 EVO ベーシックキット 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E1T0B/IT をポチってしまいました。今回はM2ではなく、一般的なサイズ、SATA3接続のSSDです(M2SSDの爆速記事はこちら)。上位には2TBモデルもありましたが、さすがに高価なため、1TBモデルを購入しました。

Samsung SSD 1TB 850 EVO 内蔵型

このSSDを自身初の自作PCに取り付けました。それにしてもこのSSDは特に軽く感じます。スペック上は66gとなっています。

MZ-75E1T0Bの取り付け

取り付けが終わり、PCの電源を入れると他のドライブ同様に認識されました。早速速度を計測したのが下記のデータです。

Samsung SSD 1TB 850 EVO の速度データ

いたって普通のSATA3接続のSSDのデータです。さて、ここからが異次元ワールドへの設定です。

SSDに付属のDVDに収められている「Samsung Magician」というソフトをインストールします。この記事を書いている時点ではソフトのバージョンは4.9で、サムソンの公式サイトでもダウンロードが可能です。ソフトを起動して、左側メニューでRAPID Modeを選択します。その画面でステータスのところにある「有効にする」をクリックすると、再起動ののち異次元ワールドに突入します。実に簡単な作業です。

サムソンのMagicianのRAPID Mode設定ページ

この爆速化は、メインメモリ(今回は64GB(Crucial DDR4 2133 MT/s (PC4-2133) 64GB (16GBx4) ECC Registered DIMM(CT4K16G4RFD4213) )搭載)の一部分をSSDのキャッシュに割り当てることで実現しています。私の場合はソフトによってはメインメモリを100%使用する設定にしているものもあるため、そのあたりは見直す必要がありますが、それを踏まえても驚愕の速度です。それから、このRAPID ModeはPC内の1つだけに適用という制限があります。ブート用のSSDに使うのがベターなのかもしれません。

M2SSDで驚いて間もないのに、さらにその上の世界を垣間見て少々興奮気味です。さて、このドライブを何に使おうかと考えてみます。

映像のレンダリング中にブルースクリーンが出ました。そして強制終了して、何度か再起動したところ通常モードで立ち上がりました。

しかしレンダリング中のデータは破損、プロジェクトファイルも保存前の状態でした。

メモリを1枚認識しないというエラーは何度も経験していたのですが、今回のケースもmemoryの文字があったように記憶しているのですが、状況は把握できていません。

さて、その壊れかけのPCですが、2009年にDELLから購入したT3500というモデルです。その主なスペックは下記のとおりです。

  • OS : Windows10 Pro
  • CPU : Intel Xeon X5550 (2009年発売・4コア8スレッド・キャッシュ8MB・動作周波数2.66GHz、ターボ時3.06GHz)
  • メモリ :  DDR3 1333MHz ECC 4GB x 6(合計24GB)
  • グラフィックボード : nVIDIA FX3800 (1GB GDDR3・CUDA192個)
  • HDD : なし
  • SSD : Crucial製M4-CT512M4SSD2が3台(うち1つがシステム用)、同社製CT960M500SSD1が2台
24インチのモニタ2台をつなげてAdobeのソフトで写真のデータ編集、動画の加工と編集とレンダリング、執筆やデザイン、ホームページの製作やメンテナンスなどの仕事専用パソコンとして長いときは1週間連続通電など、やや過酷な使い方をしてきました。

ただ長く使いたいと考えて導入したモデルなので、年に数回は埃を飛ばすなどのメンテナンスも行い、四季を問わず狭い仕事部屋なので室温が28度まで上がればエアコンを入れて使っていました。

HDDをSSDに入れ替え、ネット回線を光にしてから全てが高速になり、Adobe AfterEffectsとPremiereProでリアルタイムの編集映像を見るときやFullHDのmp4に落とすレンダリングの時だけスペックの低さが目立ってきましたが、それを除けばストレスも感じず使えるかと思っていました。

しかしさすがに今回の件で納期遅れまで起こしてしまい、入れ替えを考えるようになりました。

DELLの当日保証(DELLから修理人が仕事部屋まで来てくれて修理してくれる)5年も経過しているため、こればかりはリスク管理が行き届いていなかったと反省しています。

現在もだましだまし使っていますが、写真や動画関連の作業はSurfacePro3でとりあえず行っていますが、やはりメインとなるパソコンの必要性を強く感じています。

そのようなわけで、夜な夜な今どきのパソコンについて調べています。

一般の家電製品でも5年もてば良いといわれ、スマートホンは毎年買い替える人がいるこのご時世に、約7年間もIT関連の製品を使い続けることができたことに感謝しなければならないかなと思う次第です。元電子機器メーカーのエンジニアとしては、DELLの設計品質に敬意を払ってしまいます。

メモリが安い

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年は32bitのWindowsのPCに2GBのメモリDDR2を2枚載せ、気持ちの面でも満足感に浸っていたのですが、現用のDELLのワークステーションT3500からWindows7-64bitにOSを入れ替えました。するとそれまでメモリは4GBまでしか使うことができなかった32bitとは世界が大きく変わり、大きなメモリを使うことができるようになりました。

T3500にはDDR3という規格のメモリ挿入部が6個、つまり6枚のメモリを搭載可能ということです。インストールしているソフトが重いこともあり、高いお金を払って4GBのメモリを6枚購入、24GBに増設しました。Windows7のパフォーマンスの表でも最高の7.9となり、気持ちの面でも満足していました。

その後もその他のPC入れ替えは全てWindows7-64bitにして、都度メモリを増設して32bit環境では味わえない8GBは最低でも搭載しています。その後しばらくしてメモリの値段を見ると、なんと4GBの2枚セットがデスクトップ用でわずか4000円程度、1枚2000円です。T3500にはECCタイプのメモリを搭載していますので、若干高価ではありますが、それでも1枚当たり10倍近くも高いメモリだったことを考えると何とも惜しい気持ちになります。

シー・エフ・デー販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セット

なぜそこまで安いのか、為替レートの影響だけではないと思いますが、今なら余計に買っても後悔しない値段だと思います。