PCとPC周辺機器 - 百花繚乱 - Adobeアーカイブ

Adobeの最近のブログ記事

映像のレンダリング中にブルースクリーンが出ました。そして強制終了して、何度か再起動したところ通常モードで立ち上がりました。

しかしレンダリング中のデータは破損、プロジェクトファイルも保存前の状態でした。

メモリを1枚認識しないというエラーは何度も経験していたのですが、今回のケースもmemoryの文字があったように記憶しているのですが、状況は把握できていません。

さて、その壊れかけのPCですが、2009年にDELLから購入したT3500というモデルです。その主なスペックは下記のとおりです。

  • OS : Windows10 Pro
  • CPU : Intel Xeon X5550 (2009年発売・4コア8スレッド・キャッシュ8MB・動作周波数2.66GHz、ターボ時3.06GHz)
  • メモリ :  DDR3 1333MHz ECC 4GB x 6(合計24GB)
  • グラフィックボード : nVIDIA FX3800 (1GB GDDR3・CUDA192個)
  • HDD : なし
  • SSD : Crucial製M4-CT512M4SSD2が3台(うち1つがシステム用)、同社製CT960M500SSD1が2台
24インチのモニタ2台をつなげてAdobeのソフトで写真のデータ編集、動画の加工と編集とレンダリング、執筆やデザイン、ホームページの製作やメンテナンスなどの仕事専用パソコンとして長いときは1週間連続通電など、やや過酷な使い方をしてきました。

ただ長く使いたいと考えて導入したモデルなので、年に数回は埃を飛ばすなどのメンテナンスも行い、四季を問わず狭い仕事部屋なので室温が28度まで上がればエアコンを入れて使っていました。

HDDをSSDに入れ替え、ネット回線を光にしてから全てが高速になり、Adobe AfterEffectsとPremiereProでリアルタイムの編集映像を見るときやFullHDのmp4に落とすレンダリングの時だけスペックの低さが目立ってきましたが、それを除けばストレスも感じず使えるかと思っていました。

しかしさすがに今回の件で納期遅れまで起こしてしまい、入れ替えを考えるようになりました。

DELLの当日保証(DELLから修理人が仕事部屋まで来てくれて修理してくれる)5年も経過しているため、こればかりはリスク管理が行き届いていなかったと反省しています。

現在もだましだまし使っていますが、写真や動画関連の作業はSurfacePro3でとりあえず行っていますが、やはりメインとなるパソコンの必要性を強く感じています。

そのようなわけで、夜な夜な今どきのパソコンについて調べています。

一般の家電製品でも5年もてば良いといわれ、スマートホンは毎年買い替える人がいるこのご時世に、約7年間もIT関連の製品を使い続けることができたことに感謝しなければならないかなと思う次第です。元電子機器メーカーのエンジニアとしては、DELLの設計品質に敬意を払ってしまいます。