白い羽のファンを追加 - PCとPC周辺機器 - 百花繚乱

白い羽のファンを追加

| コメント(0) | トラックバック(0)
冷却用ファン

風が弱いな。自作PCの背面に手を当てた時の感想です。CPUなどの温度とともに回転数が上がり風量が増えることはわかっているのですが、ただでさえ静粛性に優れたケースということもあり、本当に冷やしているのか心配になってしまいます。

自作PCもすでに実務で使い始めていますが、まだ何か秘めたる力を持っているのではと、暇さえあればカバーを開けてのぞき込んだり、マニュアルや付属のソフトを起動したりしていますが、どうも正面パネルの上側にファンがついていて、下側は内部が見えるメッシュという構成が気になります。鼻から息を吸いながら口から息を吐きだしているような、難しいことをしている感じです。

Fractal Design GP-14 140mm径ファン

ということで、正面パネルについているのと同じFractal Design GP-14 White 140mm 冷却用ファン を購入しました。取り付けはいたって簡単で、ネジを4本留めて、ファンから出ているケーブルをマザーボードの空いているファンコネクタに差し込むだけです。

これだけで何も設定しなくてもBIOS画面にはファンの回転数が表示されました。

冷却用だけでなく換気用など色々なところでファンが使われていますが、風量と静圧という2つの要素があります。静圧というのは風を吸い込む力とイメージすれば良いかもしれません。

例えるなら、台所の換気扇で木造一戸建てならば、建物の気密性が高くないため、風量重視の扇風機のような羽が回るタイプを設置し、一方鉄筋コンクリートのマンションなどは建物の気密性が非常に高いためシロッコファン(遠心ファン)といわれる静圧が高いものを設置する、ということです。

白い羽が回るのを見ながら、ふと実験室で使わなくなったファンを扇風機代わりに使っていたことを思い出しました。

メッシュ越しにみえる白い羽のファン
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nashvillebca.com/mt/mt-tb.cgi/29

コメントする