新たなるパソコンをどうするか...導入方法 - PCとPC周辺機器 - 百花繚乱

新たなるパソコンをどうするか...導入方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

DELL T3500の不調が災いして、仕事のルーチンが変化して体調不良にもなってしまいました。さて黙っていても仕事に影響が出るだけです。

そのようなわけで、新しくパソコンを導入することにしました。どのようなスペックが必要なのか、3年後、5年後も何らかの改造を施すことで使えるのか、金額的にはどのくらい必要なのか、色々な面からアプローチしています。

かつてのようにDELLのワークステーションのアウトレットモデルが連日のように出てくれば自ずとコストパフォーマンスの優れたモデルに出くわすのですが、玉数が減少、手ごろとは言えない値段、というのが現在の状況です。

ということでスペック云々の前に、入手方法の選択肢、それから不満不安要素を挙げてみました。

  1. DELLのアウトレットモデルを待つ...前述のとおり奇跡を待つような状況で導入時期が全く分からない
  2. DELLの法人サイトでカスタマイズできないモデルを買う...かゆいところに手が届かない仕様のモデルがほとんど
  3. DELLの法人サイトでカスタムモデルを買う...極端に高価
  4. 九十九電機のeX.computerのモデルをカスタマイズして購入する...初めてのDELL以外でのカスタマイズモデルのため購入後のトラブルや品質などが不安
  5. パーツをかき集めて(購入して)自分で組み立てる...初めての自作パソコンという冒険とコストパフォーマンスと信頼性がちょっとよくわからない

仮に自作となるとAmazonのPCパーツカテゴリツクモドスパラパソコン工房パソコンSHOPアークなどのPCパーツを販売しているところを行き来して、価格と在庫を調べる必要が出てきます。

さて話を戻して、どんな仕様のパソコンが必要かを考えてみました。

用途:Microsoft Officeの利用、Adobe AfterEffects、PremierePro、Photoshop、IllustratorのCreativeCloud(CC)といくつかのプラグインの利用、NIのMASCHINE STUDIOの利用など。特にAdobe CameraRAWで大量の写真データの修正やAfterEffectsやPremiereProで修正や補正の間、Officeが使えるなど複数のソフトが動いてくれていればなおよい。AdobeのISV認証を取っているパソコンに準拠した構成が必須。

接続モニタ:4Kモニタを2枚(60Hzリフレッシュレート)

使用環境:戸建て家屋の屋内、周囲温度5から35度。

外部接続:屋内は有線1000BaseT、外部回線はNTTフレッツ光上下1GB/s

OS:Windows10 Professional

以上を満たしてくれれば幸いで、あとは現在のクリエイター向けワークステーションのトレンドなどを見てパーツを考えてみようと思います。もちろん、いま手元にあるDELL T3500のSSDやドライブ、ボードなどは外して新規パソコンに使う予定です。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nashvillebca.com/mt/mt-tb.cgi/17

コメントする