自作PCのパーツを決めた - PCとPC周辺機器 - 百花繚乱

自作PCのパーツを決めた

| コメント(0) | トラックバック(0)

細かな仕様は組んでから見直すとして、今回の初めての自作PCで使うパーツを決めました。現在のトレンドはどうなのか、という部分で各パーツとも悩みました。今後5年間は仕事で使える、壊れる前に止まる、そういう信頼性のあるパソコンということだけは自身に言い聞かせセレクトしたのが、下記のものです。

  • OS:Windows10 Pro 64bit
  • CPU:intel Xeon E5-2630v3 1個
  • マザーボード:ASUS X99-M WS/SE(microATX)
  • メモリ:Crucial DDR4-2133 64GB(16GBx4)ECC RDIMM
  • ビデオカード:ELSA NVIDIA Quadro M4000 1枚
  • 電源:Seasonic 760W SS-760XP2S 80PLUS PLATINUM
  • CPUクーラー:Cooler Master RR-212X-20PM-J1
  • ケース:Fractal Design Define R5 Black
  • 起動・ソフト用SSD:SanDisk Extreme PRO 960GB
  • 作業用SSD:Samsung 512GB 950PRO M.2 NVMe1.1
  • データ保存用SSD:Crucial CT960M500SSD1 2枚
  • 光学ディスクドライブ:Pioneer BDR-209BK2

上記で一番悩んだのはマザーボードです。その理由はメモリにECC RDIMMを使いたかったこと、ケースの選択肢が広いATXかMicroATX規格のサイズ(穴位置)であることです。探してもなかなか見つからなかったのですが、ASUSからX99-M WS/SE (microATX)というものがリリースされていました。

しかし仕様をよく見ると、M.2ソケットがNVMe対応ですがPCIe 3.0ではなく2.0とSATA3に対応とあります。とすると32Gb/sではなく16Gb/sということになってしまいSamsung SSD 512GB 950 PRO M.2 が生かしきれないということになります。

PCIeのレーンに挿すM2SSDのボードも存在するようなので、その部分は目をつぶりました。

以上のようなこともありましたが、Amazonやツクモ、その他PCパーツを扱っているオンラインショップで価格や在庫があるかを確認しながらすべての注文を終えました。

と注文を終えて翌日、DELLの法人様向け製品限定クーポンが出たことを知りました。なんと20%OFFです。試しにT7810を概ね上記のパーツでフルカスタマイズしてみると、5年保証にしてもほとんど同じという少し後悔する結果でした。ただ、メーカ保証があるから逆に改造などができないのもつまらないので、これはこれ、と納得した次第です。

さて次は届いたパーツの開封です。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nashvillebca.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする