PCケースを開けました - PCとPC周辺機器 - 百花繚乱

PCケースを開けました

| コメント(0) | トラックバック(0)
Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケースの上面

塗装、メッキ、色、構造、どれも驚くほど立派でした。

大きな箱から取り出したパソコン用ケースの第一印象です。Fractal Design Define R5というケースです。外観、重さ、スイッチなど高級オーディオアンプを彷彿とさせる、何か蓋を開けたらいけないのではないかと思い、コーヒーを飲みながらしばし四方から眺めていました。

とはいえ、中は空っぽなのは承知していましたので、これもまたA4一枚とはかけ離れた1冊の取扱説明書を開いて、書いてある順番通りに両側面のカバーを外しました。

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケースの内部

側面から反対側が見える状態になり、あぁ、側面パネルを付けた状態で最大強度を得る、面で支える一戸建て木造住宅と同じような構造、そう捉えました。それにしても3.5インチのトレーが8段並んでいる部分は壮観です。どうやら2.5インチのSSDもアダプタを使わず、トレーの裏からねじ止めができる仕組みです。下の写真の白い小箱にはいくつものネジ等が入っていました。

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース内部の3.5インチトレー

ケースの反対側を見ると、2つの白い扉が目につきました。これは2.5インチのSSDやHDDを取り付けるトレーという説明書きがありました。

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケースの右側面内

それにしても何も取り付けていなくても重く感じましたが、ほぼ全てが鉄でできていることが要因だとわかりました。塗装が内部も完全に施され、付属のねじも塗装され、パソコンとして出来上がった際の電気面でのシールド効果などは期待はできないかもしれません。

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース内のケーブル束線

底面と正面パネルドアを開けると、簡単に取り外しができて、清掃が容易なメッシュのフィルタが取り付けてありました。これまで、いえ今もDELLのPrecisionを使っていますが、年に数回はエアスプレーで埃を飛ばしていましたが、そういったメンテナンスの頻度は下がりそうです。

早くスイッチをオンして動くようにしたくなる印象を受けたケースです。

さて、パーツは概ね揃いました。

自作PCパーツ一式
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nashvillebca.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする